Winshuttleは、
ExcelデータをSAPへ一括アップロードできるツールで、業務ユーザーでも操作が簡単です。
FI/CO、SD、MM、PS、HR等すべてのSAPモジュールに対応し、LSMW/CATT/SE16等の強力なユーザー権限が必要で、SAPユーザ権限設定をそのまま利用できます。

Winshuttleとは
Winshuttleは、米国のWinshuttle 社が作成したSAP認定ソフトウェアです。
専門的な知識がないユーザーでも、簡単にExcelやAccessからSAPへデータをアップロードする事ができます。
※Winshuttle社のHP(英語)は下記から参照下さい。
https://www.winshuttle.com/
 
 
Winshuttleのおすすめポイント
1操作が簡単
操作が簡単なため、業務ユーザーはIT部門に依頼する事なく、アップロードの設定をする事ができます。
 
2TCOに優れている
データのアップロード方法としては、アドオンのプログラムを作成する方法もあります。
しかし、アドオンプログラムは、特定のトランザクションしか使えません。
それに比べて、Winshuttleは一旦、ご購入頂くと、様々なデータのアップロードに使用する事ができ、TCOに優れています。
 
3幅広い用途
マスタデータも、トランザクションデータもアップロードする事ができます。
SAPの標準機能だけでなく、アドオン機能もサポートします。
使用される場面としては、業務ユーザーによるデータ入力、導入プロジェクトでのデータ移行、等があります。
 
4信頼性
WinshuttleはSAPの認定ソフトであり、SAPとの連携が保証されています。
又、SAPの権限設定(ロール)が適用されるため、セキュリティーの面でも安心です。
 
5拡張性
通常のCATでは難しい複数行のデータの入力(Loop設定)、条件の設定(if文の設定)、アップロード前のデータの確認(Validation)等が可能です。
  
 
Winshuttle2つのEdition
Transaction
アップロードの設定及び実行の両方ができるライセンスです。
 
Runner
実行専用のライセンスです。Transactionより、価格が安くなっております。
 
 
お問い合わせ
株式会社Multibookは、日本、フィリピン、タイでWinshuttleの正規代理店となっております。お問い合わせは下記のリンクより、お願い致します。
 日本のお客様のお問い合せ先
 フィリピンのお客様のお問い合せ先
 タイのお客様のお問い合せ先
  
 
ダウンロード
Winshuttle Studio
Winshuttle Function Module
マニュアル