株式会社マルチブック

language English

ベンアイサ・カリム(FMソリューション部 部長)

これまでのキャリアと現在の業務

英国の大学院を卒業後、同国のヘルスケア企業にITシステムエンジニアとして入社。SAPのFICOモジュールを学び、同社の海外拠点にてFICOのグローバルテンプレートの導入を担当しました。その後、同社の日本拠点に転勤となり来日。日本の大手コンサルティング会社を経て、2013年にマルチブックに入社しました。
現在は、日系企業の国内・海外拠点におけるERPシステム導入を担当。FICOのチームリードとして、会計コンサルタントを支援しています。また、マネジメントのメンバーとして、次世代のコンサルタント育成に尽力しています。

私から見たマルチブックとは

マルチブックでは、年齢、国籍、性別などでの差別は一切ありません。モチベーションとスキルがあれば、誰でも平等にチャンスを与えてくれる会社だと思います。社員の半数は欧米やアジア出身者が占めていて、英語と日本語でコミュニケーションを取りながら仕事を進めています。ダイバーシティ・インクルーシブに関してはなんの問題もないと感じています。
また、お客様が自動車、化粧品、エンターテインメントなど多様な業種に渡るため、案件を通してさまざまな経験と業界知識を得られるところはとても良いところだと感じています。社員自身もキャリアを問わずスキルや知識を向上させようというモチベーションが高く、勉強会やコースを頻繁に開催しています。
規模がさほど大きくないこともあって、既成概念にとらわれず、柔軟なアプローチで仕事を進められるのも魅力です。

コンサルタントを志望する方へのメッセージ

問題解決やソリューション調査に興味がある方、そして多様な業界やITソリューションの案件を通して学び、成長を望む方、さらにはチーム、集団で働くことを楽しめる方と共に働きたいと思います。
マルチブックは業績だけでなく、社員の幸せのために努力する会社です。また、社員の成長を一生懸命支援する会社です。もちろん、英語力や技術的なスキルが高いほうが望ましいですが、あまり自信がないという方でも、成長しようという意欲があれば、活躍できるのがマルチブックです。

山内 皇大(コンサルティング事業部 アナリスト)

これまでのキャリアと現在の業務

新卒で大手物流会社に入社後、1年でマルチブックに転職し、現職は2年目となります。
前職は、あまりIT化が進んでいない職場で、このままでは時代から取り残されると危機感を覚え、思い切って未経験の業種にチャレンジしようと思い、転職してきました。
現在は、外資系消費財メーカーの保守業務に携わっています。主にロジスティクス部門を担当しており、販売管理や在庫購買管理、生産管理といったモジュールを専門としています。

私から見たマルチブックとは

ひとことで言うと「グローバルな会社」でしょうか。外資系企業の日本へのロールインや、日本企業の海外進出に伴うロールアウトに特化していることもあり、また欧米・アジアに幅広く支店を構えていることから、グローバルに活躍・貢献できる会社です。
それゆえ、さまざまな国籍やバックグラウンドを持つ社員が多く、コミュニケーションを通して、仕事のことでも、プライベートのことでもたくさんの刺激を受けています。
また、問題解決の際にわからないことや困ったことがあっても、プロジェクトの枠を超えてほかのコンサルタントと共有しながら知識を習得できるという懐の深さはとても良いところです。

コンサルタントを志望する方へのメッセージ

私と同世代の20代の社員が少ないので、ぜひさまざまな国籍を持つ同世代の方に来ていただき、互いに切磋琢磨して、成長してきたいですね。
マルチブックにはシステム面、語学力のスキルの習熟度に関わらず、自分のペースで経験を詰める環境があります。私のように経験があまりなくても成長できる場があるということです。したがって専門的な分野に関しては入社後にいくらでも延ばすことができます。
その一方で、コンサルタントに必要とされるのは専門分野の知識や経験だけではありません。問題解決にあたってお客様と信頼関係を築き、密にコミュニケーションをとることが重要です。したがって、対人関係能力はとても重要なスキルだと考えています。人間力のような素質を大事に考えている方こそマルチブックに向いているのではないかと思います。